お子様の視力を回復させる方法

お子様の視力を回復し、維持する方法
もう教室で黒板の前に座る必要はありません




1日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法


正しい眼球運動を行い両眼の焦点合わせを行うだけで、
低下した視力は自然と良くなります。



実は、子どもの視力は0.7以上(仮性近視)なら、
元に戻る可能性は高いです。


しかし、0.7未満の真性近視( 治らない近視 )になったら、
いくら子供といえども、もう 元の視力には戻らないのです。


子供の視力は 落ち始めると、
たった1ヶ月でも一気に0.3程度にまで落ちてしまいます。


つまり、視力は 低下すればするほど、回復しなくなってしまうんです!


そこで、あわてて 眼科 や 眼鏡屋さん に 行って
黒板の字が見えにくい、と 訴えたところで、
「 それでは もう メガネですね 」
といわれ、すぐに メガネ を 勧められてしまいます。


あなたもご存じのとおり、
メガネをかけると 子供の近視は さらに進みます。


そうなると、お子さまは一生、メガネ か コンタクトレンズ の 生活です。
( 特に、小学校 低学年 からのメガネの常用は、
子供の近視を 急速に 進めてしまうので気をつけてください )


メガネなしで、本を読んだり 字を書いたりするのも不便です。


しかも、メガネをかけて ドッジボール や サッカー などは
危険なので、できるだけメガネは 避けたいところですよね。


手遅れになると 視力の向上は困難になります。


だから、早期発見、早期トレーニングが必要なのです。


今すぐお子様の目を守る!


このトレーニング法によって、
黒板の文字が ハッキリ と 見えるようになり、
勉強 や ドッジボール、サッカー、野球、バレエ などを
思いっきり楽しんでいるお子さまも たくさんおられます。
| 悩み克服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。